あさが来た2週目・第7話あらすじ・内容は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク






「あさが来た」がはじまってから1週間がたちました。最初から面白いと感じるドラマですので、是非みていただきたいです。1865年、はつ(宮崎あおい)は17歳、あさ(波瑠)は15歳に成長しました。

Sponsored Link

あさが来た第7話あらすじ・内容は?

0-05

慶応元年(1865年)正月。はつ(宮崎あおい)は17歳、あさ(波瑠)は15歳に成長しました。

この春に嫁入りすることが決まりました。

母の梨江の指導のもと、裁縫の稽古に熱心に取り組んでいます。

「嫁にいきたくない」と言い続けていたあさも、新次郎(玉木宏)に気持ちを寄せ始めていて、新次郎と会うのが楽しみになっています。

菊(萬田久子)は綺麗になったはつ(宮崎あおい)をみて喜びますがいじわるなことを聞きます。

あさのおてんばぶりが面白くて、元気をくれる場面ですね!

パチパチさんや・・って、そろばんで遊んでいる頃の子供のときの姿が可愛かったです。

少しでもあさが、新次郎(玉木宏)のことを思いを寄せる気持ちで、嫁ぐことになって、本当によかったです。

逆にはつ(宮崎あおい)が、惣兵衛(柄本佑)のところに嫁ぐのは、せつなくなります。

惣兵衛(柄本佑)が、ちょっと変わり者のようで・・

変わりものと言えば、はつの夫となる新次郎(玉木宏)さんもなのですが、生涯にかけてはつを支えていく役目になっていくので、幸せといえるのかな・・

昔の女性は15歳くらいになると、商売の道具みたいに、結婚を決められていました。

今では信じられない時代があったのですね。

放送時間

NHK総合
毎週月曜~土曜 08:00~08:15

<関連記事>

nhkあさがきたのあらすじと出演者の役柄について
NHKあさがきた第3話あらすじとあさと新次郎の年の差結婚の理由は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする