nhkあさがきたのあらすじと出演者の役柄について

スポンサーリンク

スポンサーリンク






がつ「あさがきた」NHKが2015年9月28日からスタートしました。あさがきたのあらすじと出演者の役柄についてまとめておきます♪

Sponsored Link

「あさがきた」のあらすじ

0-21

幕末から明治~大正にかけて炭鉱や銀行、生命保険、日本初の女子大学設立などを事業に挑戦したあさの人生と、それをささえた夫の新次郎を描いた愛の物語です。

あさ(鈴木梨央)には大阪有数の両替屋の次男の新次郎と結婚することが親同士の約束で決まっていました。

あさは「お嫁なんかいかへん」と猛反発していました。

ひょんなこおがきっかけでいいなずけ新次郎(玉木宏)の魅力にひきこまれて恋にめざめます。

心ときめかせて嫁いだものの明治に入って、時代にあわなくなった両替屋は火の車状態です。

「金儲けは性にあわへんと三味線などひきながら過ごすばかり。

いよいよ倒産というとき、新次郎の知り合いの商人からの炭鉱の話をきいたあさは、石炭に可能性を感じて心に火がつきます。

あさのお姉さんは、大阪で一番歴史のある両替屋に嫁ぐのですが、時代遅れの稼業にこだわりつづけ、明治維新の荒波にのまれて倒産してしまいます。

実業家として奮闘するあさは、男社会でなかなか認められずに苦労の連続です。

銀行経営を引き受けて日本ではじめての女子行員を育成していきます。

妻の応援に徹した夫の新次郎も、働く妻の姿を見続けて、お金儲けとは違う仕事の意義を感じて、うごきはじめます。

時は流れて、一人娘も嫁いで、あさと新次郎が最後に引き受けた仕事は女子教育の発展は社会の発展につなるという考えから日本最初の女子大学校の設立でした。

[normal_box color=”green” border=”b1″]出演者の役柄について[/normal_box]

[star_h4 style=”2″ color=”pink”]今井あさ 役(波瑠)[/star_h4]

京都で豪商の今井家の次女。正義感が強く子育てしながら炭鉱や銀行、生命保険など新事業をたちあげます。

[star_h4 style=”2″ color=”green”]白岡新次郎 役(玉木宏)[/star_h4]

両替商の「加野屋」の次男。明るい性格で三味線や茶道に夢中な道楽者。

夫婦になってからはあさの事業家としての才能を見出して、生涯ささえ続けます。

[star_h4 style=”2″ color=”pink”]今井梨江 役(寺島しのぶ)[/star_h4]

あさの母。良妻賢母で娘たちを心配して嫁ぎ先をたびたびたずねます。女性は親や夫に従う

ものだと考えていましたが、あさの成長で女性の生き方についての考えをあらためます。

[star_h4 style=”2″ color=”green”]升毅 役(今井忠興)[/star_h4]
あさの父。今井家の当主。こどもたちを厳しく育てて自由ほうべんな、あさには厳しい。

[star_h4 style=”2″ color=”green”]眉山惣兵衛 役(柄本佑)[/star_h4]

大阪の両替商「山王寺屋」の長男。

無愛想でよくわからない性格で、口うるさい母に複雑な思いを抱えている。

あさの姉(はつ)と新しい人生を歩んでいく。

[star_h4 style=”2″ color=”pink”]白岡よの 役(風吹ジュン)[/star_h4]

新次郎の母。女性は商売に口を出さず家事をしていればいいという考えの持ち主。

[star_h4 style=”2″ color=”green”]白岡正吉 役(近藤正臣)[/star_h4]

新次郎の父。両替商「加野屋」の当主。あさの商売への情熱と才能をいち早く見抜いて理解する。

[star_h4 style=”2″ color=”pink”]今井はつ 役(宮崎あおい)[/star_h4]

あさの姉。琴や裁縫が得意でつつまいく凛とした美しい女性。

あさとは正反対の性格だが何でも相談できるよき姉。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする