40代 eimei 主婦日記

40代主婦eimeiの今日感じた心♪日記帳

幸福の国ブータン国民ドラッグ?みんなやってるよ!薬物に手をだした理由は?

読了までの目安時間:約 4分

 

0-64

幸せの国、ブータンで若者が薬物が蔓延しているというではありませんか!インドから違法薬物が入ってくるようです。どうして薬物に手だしたのか理由を探ってみました。

 

幸福の国ブータン国民「ドラッグ?みんなやってるよ」薬物に手をだした理由は?

 

0-60

 

ブータンの国王と王妃が日本に来日した幸せなそうな姿がブータンのイメージなのですが、どうして薬物蔓延になってしまったのでしょうか?

 

幸せの国の若者たちがどうしたのでしょう・・

 

好景気なのに仕事がない??

 

首都ティンプー郊外ではマンションの建設ラッシュが続いているのです。

仕事自体を選らなければあるのです。

 

ただ公務員などを望んでいて、農業や建設現場での仕事は3Kとして、敬遠されてしまう実態です。

 

違法薬物はインドから入ってくるらしいです。

ブータンの都市部で働く公務員や民間企業の社員は月収2~3万円ほどです。

給料からしたら、安くない薬物です。

 

薬物に対する罰則は重く、使用や所持が発覚したら3か月の懲役、販売すれば6年~9年の懲役となります。

 

それなのに・・

 

薬物に手を出す若者の理由には

 

「仕事がない・・暇だから」

「テレビで見るような都会に憧れていました。家は田んぼ以外なにもないんです。なんでもいいから刺激が欲しかった・・」こう話したのは女性でした。

 

田舎から都会にでてみたい・・若いころにはそう思う若者は多いですけど・・

日本の若者も、都会に憧れたりはするけど、また違いますね。

 

ブータンのように何でも刺激が欲しくて薬物するのは違いますよね!!

 

ブータンはおとぎの国から普通の国になりつつある話

 

首都ティンプーにでてきた若者は高い家賃を払わなければ首都では生きていけない現実があります。

 

首都に経済発展にともなって、建設ラッシュに人口集中しています。

もともと棚田や段々畑に広がる土地なので、広い農地を所有している人は少ないのです。

 

しかしショッピングモールやマンション建設には十分でオーナーとして、生活が豊かになる人が増えました。

 

首都近郊に土地を持っていた人がお金を手にして、郊外の人は貧しいまま・・

こんな貧富の差があるブータンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Sponsored Link


 

ニュース    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: