40代主婦 eimei 日記 まとめ情報

40代主婦eimeiの今日感じた心♪日記帳

出産前に起きたこんな症状!ストレス妊婦にならないで!

読了までの目安時間:約 12分

 


スポンサーリンク


妊娠してから出産にかかる日数、約10か月と10日。

あなたは、どのように過ごされましたか?

 

また、これからお母さんになる方はどのように過ごしていきたいですか?

 

これから初めての出産を迎えようとしているお母さんは、

不安でいっぱいだと思います。

 

私もそうでした!

そんな私が体験したことをありのままに書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

 

私はこの、10か月で色々な出来事に直面しました。

普段なら、ありえない体験でした。

この体験を多くの方に知っていただいて、少しでも出産の手助けになればと思います。

 

  • つわりって何? つわりの恐怖におびえるあまり…⁈

 

004_R

 

妊娠初期、そろそろ『つわり』というものが来るらしい。

毎日、いつやってくるかわからない『つわり』に怯えながら、

オフィスビル内で働いていました。

 

初めての妊娠で出産。

 

妊娠したことの嬉しさより、なんだろう、

この言いしれぬ恐怖感。そして、そんな私に訪れたものは

『つわり』ではなく、別の病でした。

 

それは、母と買い物中に症状が現れました。

腰の辺りがズキズキと痛みだしたのです!

 

立ってはいられない程にまで。妊娠2か月くらいでは赤ちゃんの

重みも腰に影響は出ないだろうし、この痛みは何?

 

痛みは徐々に激痛になっていき、そのまま産婦人科へ。

症状を伝え、エコーで調べてもらうと、この痛みの原因が

判明したのです。

 

それは、急性の尿路感染症でした。

 

両サイドにある尿管のうち、右側の尿管が腫れていたのです。

 

原因は、妊娠による精神的ストレスから

免疫力低下が考えられると医師から伝えられました。

 

食欲不振、寝不足などもあったと思います。

ただ、妊娠中だったので、処方されるお薬は無く、

ひたすら水分を取り、尿路の菌を洗い流す事だけが

治療法でした。

 

それは今まで味わった事のない腰の痛みでした。

骨が痛む、そんな感じです。早く治したい一心から

インターネットで検索したところ、ピックアップされたものが

クランベリーでした。

 

膀胱感染症に有効なメディカルベリーで

あらゆる菌・真菌類の抑制に効果があると紹介されていました。

 

クランベリージュースは、なかなかスーパーなどでは

見つけにくかったのですが、何店舗か探し回り、

やっと大手スーパーマーケットで見つけることができました。

 

それは、100%ジュースではなかったですが、

効果はてきめんでした。一日3杯~4杯くらいを毎日飲み続けて、

3日目くらいで痛みは、ほぼ無くなりました。

 

当時は、探し回りましたが今ではインターネットで

100%ジュースが購入できるみたいですね。

そうして再び平和な妊娠生活に戻れたのです。

 

  • 5カ月目で始まった、つわり。食欲がない時でもお勧めの食べ物は?

 

②見出し 画像

 

つわりの恐怖は、すでに忘れかけて過ごしていた頃です。

そして妊娠5か月頃、いつも通り出勤していましたが、

急に胸やけがしてきました。

 

すぐに、つわりだ!と分かるくらいの違和感でした。

日に日に、ひどくなってくる気持ち悪さ。

 

私の『つわり』は船酔い状態タイプでした。

食べたい物もその日により変わり、全く食べられない日もあり、

5キロ近くも痩せてしまいました。

 

私の場合は、野菜とハムのサンドイッチや炭酸飲料、トマト、ビスコ

くらいしか喉を通りませんでした。

 

中でもサンドイッチは少し冷蔵庫で冷やすと食べやすかったですよ。

冷たくして食べると味が感じにくくなりました。

 

この食べ方は、お勧めできます!つわりは、5カ月頃から始まり、

7カ月半ばまで続きました。この時期の食べるものは、

本当に大事ですよ。

 

栄養が足りていないと、普段ならない病気に

かかったりします。

 

同時期、私は、小指の爪半分くらいの大きさの麦粒腫(ものもらい)にも

なってしまいました!

 

この時も目薬も処方されず、辛かったですね。

そして、少しずつ、つわりの気持ち悪さも治まっていき、いつのまにか、

ラーメンを食べに行けるようにまで、安定してきていました。

 

この時期で7カ月目終わり。5㎏も痩せてしまっていたので、

体重も気にせず、思いっきり食べられたのが嬉しかったです。

 

つわりのメリットです(笑)。元の体重から-5㎏減ったので、

赤ちゃんの体重分と羊水で私の場合は、出産時には5㎏しか

増えていませんでした。

 

なので、つわりは、一時は本当に辛いものですが、

産後のダイエットは楽ですよ!赤ちゃんがお腹に授かるという事で

起こる様々な変化に直面し、強い母になるための

修行のような毎日…。お腹もだんだんと大きくなり、

赤ちゃんの鼓動や柔らかい気配がいつでも私の周りに

感じ始めていました。

 

電車に乗れば、席を譲ってもらえたりして、

たくさんの知らない人に感謝して過ごしていました。

 

  • ついに臨月!この1ヵ月をどう過ごすか?悩んだらとにかく歩こう!

 

③見出し 画像

 

9カ月目。私は近づいてくるお産がやっぱり怖くて

仕方ありませんでした。

 

でも怖がっていても仕方ない、生まれてきてくれる赤ちゃんの為に、

頑張ろう。

 

不安になったら体を動かして歩こう。

 

毎日、1時間ウォーキングと安産のお茶として有名な

ラズベリーリーフティーを毎日飲んでいました。

 

ハーブティーと少し関連があるのがアロマテラピー(芳香療法)ですが、

私は妊娠前からアロマテラピーがとても好きでした。

 

でも、中には、妊娠中には使えないアロマオイルも

中にあるので、使用しないほうが無難かもしれません。

 

参考にした外部サイトが下にあるので、

分かりにくかったらぜひ一度見てみてくださいね!

 

あとは胡坐体操もしていました。

胡坐の体勢って妊婦さんにとって、とっても楽ですよね?

 

赤ちゃんの頭が出てくるイメージで太ももを上下に上げ下げするだけのとっても簡単なものです。これも、無理なくゆったりとした呼吸で行ってくださいね。

http://josei-bigaku.jp/ninpuaroma4419/

 

  • 出産当日!色々試した結果…どんな出産だったのか⁈

 

003_R

 

そして、いよいよ予定日が近づいてきていました。

予定日を2日過ぎ、胎動が少なくなり、

大丈夫かなあと思っていたその日深夜3時半、ついに破水

 

この時は、10カ月前の私とはまるで別人のように、

とても冷静でした。自分でもびっくりするくらい。

 

主人に伝え、近所の産婦人科へパットだけ当てて

歩いていきました。もっと大慌てするだろう、

怖がりの私だから…と思っていたのに、人はいざという時には

気合いが入るのですね!

 

深夜だったし、次の日仕事だった主人を

先に家に帰ってもらい「さあ、産んでくるわ」と

笑ってエレベータで見送っていました。

 

しばらくは、病室で子宮が開いてくるまで待機。

全然痛くありませんでした。陣痛がきた…生理痛のような痛みです。

そして、陣痛の限界に達して、いよいよ分娩台へ!

 

毎日1時間歩き、ラズベリーリーフの効果もあったのか、

なんと約30分で我が子と逢える事ができました‼

3420gの元気な男の子。

 

色々な事があった10カ月間を分娩後、しばらく思い出していました。

赤ちゃんは、本当に温かくて可愛くて、感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

出産後、主人が私に初めてかけた言葉は「お疲れさま!」と

笑顔で一言。痛みも大変さも知らないでなんか軽い言葉…と

思った日もありましたが(笑)今はそれが

自然な言葉の掛け合いだったのかなと思えます。

 

主人は陰ながら私の初出産支えてくれていたのです。

遠くのスーパーマーケットにクランベリージュースを買いに

行ってくれましたね。

 

その後の赤ちゃんは?これから出産を控える妊婦さんへ

 

005_R

 

今は小学生5年生の男の子です。今は、反抗期で大変な時期です!

毎日喧嘩ばかりです。でも生まれた時の写真を二人で見ると、

いつのまにか私と息子は笑顔になり仲直り。

 

親子の絆って出産の日からずっと続いていくものですね。

そんな息子と私が電車で出かけたときに必ず、してしまうことがあります。

 

それは電車の席を譲ること。

 

赤ちゃん連れのお母さんやお腹の大きい妊婦さん、そしてお年寄りです。

そんな様子を息子は、黙って見ていますが、

助け合って今私たちがこうして生きているということを

気づいてくださいね。

 

最後に妊婦さん、怖がらなくて大丈夫ですよ!

 


スポンサーリンク

 

子育て

この記事に関連する記事一覧