40代主婦 eimei 日記 まとめ情報

40代主婦eimeiの今日感じた心♪日記帳

勉強は大事だけど…小学校を休ませてディズニーに行くのはアリ?

読了までの目安時間:約 9分

 


スポンサーリンク


 

最近の小学校は平日に家族旅行のために

休む児童も珍しくなくなってきました。

 

年中無休、盆暮れ正月、連休など

全く関係の無い職業もいろいろとあります。

 

働き方の多様化によって、土日祝祭日は仕事で、

平日が休みという親を持つ子ども達が、

家族旅行のために学校を休むことは

少しずつ増えています。

 

親が平日しか休めない職業だからという理由は

学校側も分かってくれる時代がきたようです。


スポンサーリンク

 

 

勉強は大事だけど…小学校を休ませてディズニーに行くのはアリ?

 

classroom-2093744_640_R

 

なんといっても、学校は勉強をする所です、

1日休めば1日分の遅れは否めないですね。

 

それなら学校の行事の日なら授業はないからと

休ませることもよくあります。

 

たしかに勉強面では遅れをとることはありませんが、

子どもの思い出の中に空白ができてしまうことを

忘れないでください。

 

けっこう楽しい思い出だったりします。

 

学校行事のアルバムの写真に写っていなかったりすると

ちょっぴり淋しくなったりします。

 

家庭にはそれぞれの事情もあります。

 

学校側、先生がたや保護者の方々もいろいろな

考え方を持たれていて賛否両論です。

 

保育園や幼稚園ならともかく、

小学校は義務教育ですので、遊びのために

休ませることは許されないという大人も

少なくありません。

 

親の職業が、必ずしもカレンダー通りの

休日ではないことは、学校側も把握しているはずです。

 

どうしても都合のつく日が平日しかない、

という理由を学校への連絡帳にもきちんと

説明することが大切です。

 

家族会議をしてみるのはどうでしょう。

何が大切なのか…

 

義務教育としての社会のルール?

 

貴重な親の休日の有効利用?

 

クラスの皆は授業を受けているときに

ディズニーに行きたいか?

 

お友だちにきちんと説明できるか?

 

他の保護者の反応はどうか?

 

『遊ぶために平日に学校を休ませる』この問題は、

いろいろな意見があるので家族で話し合って

決めることもアリではないでしょうか。

 

 

高校を休んでディズニーに行くって大丈夫なの?

 

disney-919926_640_R

 

学校を休んで遊びに行くなんて…義務教育ではないから

高い授業料をムダにすることになるし、と、

普段できないことを体験するためにも良しとする意見と、

これもまた賛否両論です。

 

勉強や出席日数などに問題なく、親の承諾があり

『学校を休んでディズニーに行きます』と親が学校へ

欠席の連絡を入れることが前提での賛成派が

少なくないことはよくあります。

 

高校生になると、学園祭などの学校行事は校内に誰が

いて誰がいないか気にならないこともあるので、

それを利用して抜け出したりする生徒もいるようですが、

後になって、卒業アルバムなどの記念写真に自分が

写っていないことにちょっぴり淋しさを感じることに

なるのであまりおすすめできません。

 

義務教育ではないし、あくまでも自己責任を問われる

年齢になっているので、勉強と遊びをきちんと

両立させることができるのであれば反対する

ひとも少なくなるでしょう。

 

 

ディズニーで学校を休む理由で無難なのは?

 

education-548105_640_R

 

『ディズニーに行くので学校は休みます』

 

休む理由はきちんと正直に『どうしてもその日でないと

家族の都合がつかないので』と言うべきです。

 

平日にしか休日をとれない、そういう職業を持つ家庭の

事情を学校側も理解してくれるはずです。

 

病気や親せきのなんとかと嘘ついて休ませても、

後日、子どもは楽しい出来事をお友だちとの会話で、

ついペロッと話してしまうものです。

 

その事で心ないお友だちから“ずる休みをした”“嘘つき”と

いじめられる原因をつくってしまうことにもなりかねません。

 

また子どもにも「楽しみのためには嘘をついてもいい」と

思わせてしまうことになります。

 

予算は少々増えてしまいますが、クラスのお友だちには

小さなものでいいから、お菓子を1つずつとか、

お土産をわすれないようにすると、

後々大きなフォローになります。

 

お友だちも、親がカレンダー通りの休日を

とっている家庭の子ども達には、なかなか理解を

してもらえないかもしれませんが、世の中には

いろいろな職業があって、そのおかげで社会が

成り立っていることを分かってもらういい

機会になるのではないでしょうか。

 

 

家族旅行はみんなで楽しく

 

ice-cream-2088878_640_R

 

遊ぶために学校を休むということは、

誉められることではないかもしれませんが、

親の休日が平日という家庭にとっては

重大イベントになりますよね。

 

この日だけは家族の日として、あとはきちんと学校に

行くという約束をすることもしておかないと、

子どもが味をしめて、「こんどはいつ休むの?」などと

言いかねませんから気をつけてください。

 

ただ空いているから平日にディズニーに行きたいのであれば、

創立記念日や運動会、参観日の振替え休日に計画

入れてみるのもいいのではないでしょうか。

 

中には休日の混み混みディズニーでポップコーンで

1時間待った、アトラクションに2時間並んだ、

みんなで交代で並ぶこともいい思い出と語る家族もいます。

 

あくまでも少数ですが、学校側も“反対しても無駄”という

諦め体質があります。

 

禁止としたところで『今日は休みます』と

当日に欠席の連絡を入れられるわけですから、

欠席の理由もさまざまな“うそ”をつかれるよりは、

きちんと家庭の事情を説明してもらえたほうが、

他の児童へのフォローもしやすいとのことです。

 

嘘をついて楽しみの後にイヤな思いをするよりも、

周りのみなさんに正直に話してみると、同じような

生活環境の方々はけっこういたりします。

 

新しいお友だちができるきっかけになるかもしれません。

 

堂々とディズニーを楽しんできてくださいね。


スポンサーリンク

 

タグ :  

子育て

この記事に関連する記事一覧