ぬか漬け簡単な作り方 新山千春のヨーグルト漬物の簡単レシピ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク






tenの番組でぬか漬け特集をしていました。ぬかは美容に健康にいいのは知ってるけど、毎日混ぜないといけないんでしょ?と思っていたeimeiはとっても勉強になりました。

Sponsored Link

[imglist icon=”check1″ color=”red”]
目次

[/imglist]

小学生が参加できる漬物教室

0-06

夏休み中ともあって、子供たちを対象に漬物教室が開かれています。

京都右京区にある「京つけもの もり」主催です。

漬物のプロが、レクチャーしてくれるんです。

見ていたらできそうで、簡単でしたよ。

意外に簡単なぬか漬けの作り方

材料

[imglist icon=”dot2″ color=”red”]

  • お米
  • 昆布
  • 唐辛子
  • 米ぬか

[/imglist]

だけです。

[normal_box color=”blue” border=”b1″]米ぬかとは、玄米を精米したときにでるまわりの皮のことです。ビタミンやミネラルが豊富です。[/normal_box]

ぬか床の作りかた

1塩と水を入れてかき混ぜる
2昆布・唐辛子をいれる(昆布にはうまみ)(唐辛子には殺菌作用がある)
3野菜を投入!
4完成!
ではなく~~~~、この時点で、ぬか床には乳酸菌がいないのです。

最初に、野菜をいれて、ぬかに野菜の乳酸菌をうつすんです。

できあがった乳酸菌は、

[imglist icon=”check2″ color=”orange”]

  • ぬか床の未完成はぱさっとしてる感じ
  • 完成したぬか床は、水分がひかり輝いている

[/imglist]

光り輝いているのが乳酸菌が入っている証になります。

きゅうりをぬか漬けにすると、

ビタミンB1が8倍になります!!!

植物性乳酸菌は、

[imglist icon=”dot2″ color=”blue”]

  • 腸内環境の改善
  • 免疫力アップ
  • 風邪予防に効果

[/imglist]
があります。

みんなも悩んでいるぬか漬けのQ&A

毎日まぜないといけないの?

朝と夜混ぜました!多くの人がこれで失敗するんだそうです。

原因は、混ぜすぎて、乳酸菌がいなくなっています。

漬物屋さんが大きな樽などでつけている場合は、乳酸菌が増えすぎて、悪臭がすることがあるために、回数を調整しないといけないのですが、

家庭でしている2~3キロの小さいぬか床だと、野菜を出し入れするだけで充分混ざっているのです。

なので、200年のぬか床を守りつづけてきた「千束」店主の下田敏子さん(66歳)は

「ほったかしでいいのよ」「適当でいいよ」って教えています。

野菜はそのままつけていいの?

そのままだと浸からないので、野菜は半分に切って、ぬか床にあたる面積が増えるようにします。

例えば、なすびだと、半分に切って、塩でもんで水分とアクをぎゅーっと絞ってからつけるようにすると、よくつかります。

最近はアボカドや卵なども人気のようですね。

新山千春・ヨーグルトの漬物

新山千春さんのお子さんが、ぬか漬けはたべないけおど、ヨーグルトの漬物なら食べてくれるですって。

ぬか漬けが苦手なお子さんにいいですね!

「プレーンヨーグルトに塩ひとつまみを入れて混ぜ、そこに漬けたい野菜を入れて冷蔵庫で一晩ねかせる。食べる前に漬けた野菜を洗って切るだけ」

簡単ですね~!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする