何が必要?生後2ヶ月の赤ちゃんと実家にお泊まりするとき

スポンサーリンク

スポンサーリンク






何が必要?生後2ヶ月の赤ちゃんと実家にお泊まりするとき

赤ちゃんが生まれて2カ月。赤ちゃんを迎え、

嬉しさも大変さも感じる日々を過ごしている頃ですね。

またそんなご自身の毎日の育児の話や

赤ちゃんの成長の様子を実家のご両親に

聞いてもらいたくなる頃でもあります。

では実家へ帰省する際、どのような事に

気をつければいいのでしょうか。

この2カ月の頃はまだ体の機能が

出来上がっていない時期ですので、

数々の注意しなければいけない事があります。

専門家の意見や体験も含めお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

① 生後2ヶ月の赤ちゃんと帰省するなら車が楽?

__R

生後2カ月の頃は、まだ首が座っていないお子様

多い時期です。

首が座っていない赤ちゃんのこの時期の移動は、

ベビーカーでは必ずフラットタイプのA型

しなければいけませんし、首が不安定な状態になる

おんぶの移動もまだできません。

かならず、首下の辺りを包み込むような抱き方で

移動してください。

この場合の抱き方は横抱きでも縦抱きでも構いませんが、

必ず安定した抱き方での移動が基本になります。

2カ月で首が座っている赤ちゃんもいますが、

まだまだ体の機能が未熟なので、首のあたりに

気を配りながら移動させてあげましょう。

ベビーシートには、新生児専用のもの(新生児~12カ月)や

新生児から7歳前後まで使えるものがあります。

更にそのベビーシートの選び方もとても重要で

良く旅行に出かける方なら購入するか頻繁に

車での移動は少ない方ならレンタルもあります。

ベビーシートの利点は赤ちゃんを乗せて移動できて、

お家や滞在先ではロッキングチェアとしても使える事です。

これは「トラベルシステム」という機能がついている

ベビーシートであれば、専用のベビーカーにベビーシートを

ドッキングできます。安全な使い方で使いこなせば、

車での旅行や滞在先でも使えます。

本体が3㎏未満の軽量のものや、衝撃や振動を

カットしてくれるシートが搭載されているもの、

日差しを防いでくれる日よけなども

装備しているものなど様々です。
お勧めしたいトラベルシステム対応のベビーシートを厳選してみました。

●軽さで選ぶなら…
カトージ juba
重量は2.9㎏で一人での移動する事が多い方には最適です。

専用ベビーカーに取り付け可能です。
カトージHP  https://www.katoji.co.jp/store.html

●安全性に重視するなら…
サイベックス CloudQ
本体重量は5.4㎏と重いですが、ECE-R44の安全基準を

超えた厳しいテストでトップクラスの判定を得た

ドイツメーカーのチャイルドシートです。

車外での移動中にシートをフラットに変化させることが

できるので寝かしつけに最適です。

赤ちゃんの為の安全性や快適性にこだわったシートです。
サイベックスHP  http://cybex-online.com/jp/pushchairs/mios.html

マキシコシ ペジルプラス
頭部と首を側面衝突から守るⅰ-size基準に対応した

安心のベビーカー。重量は、4.55㎏で少し重くなります。
マキシコシHP  http://www.maxicosi.jp/lineup/

●国産メーカーで選ぶなら…
コンビ EX COMBIグッドキャリー
衝撃・振動をカットするコンビ社独自開発の

「エッグショック」がついています。
国産ならではの利点は、コンビの対応ベビーカーと

ドッキングさせた場合の操作方法や折りたたみ方を

意識して選んだ方が良いですね。

小回りがきく事や、持ち運びしやすいものがお勧めです。
コンビHP  http://www.combi.co.jp/products/stroller/

② 生後2ヶ月の赤ちゃんと帰省するのに新幹線は大丈夫?

③_R

生後2カ月の赤ちゃんだけなら新幹線の料金がかかりません。

乳児・幼児の6歳以下のお子さんが3人以上になる場合は、

子供料金がかかります。

できるだけ、楽に移動するためには座席は

一番後ろを予約してください。

そこに少し広いスペースがあるので、

ベビーカーなどの荷物を収納できます。

多目的室もオムツ替えや授乳に利用できます。

多目的室は編成によって設置号車は変わっています。

16両編成は11号車、8、12両編成には7号車に

設置していますので予約の際には多目的室が

近い号車にしましょう。

多目的室は、お体の不自由な方が優先になっていますが、

ご利用がない時などは車掌さんに声をかけて

利用させてもらえます。

授乳や着替え、気分が悪くなった時などは、使えますね。

山陽新幹線は洋式のお手洗いにはオムツ交換台、

北陸新幹線の様式お手洗いにはベビーベッドを

設置しています。

首すわり前から使える抱っこ紐も楽な姿勢を

親も赤ちゃんも保てますので、長時間の移動には

利用してくださいね。
③ まとめ 長時間には車で移動がお勧め

276F54D7-EF6A-4649-B179-E93087F07C39_R

ママや赤ちゃんに負担をかけない移動は安全な車が

お勧めですが、新幹線を利用される方は、荷物などは

できるだけ減らしていくと負担を減らせます。

行きや帰りは必要最低限の財布と

赤ちゃんの荷物のみ持っていき、家族の着替えや

洗濯物やお土産は郵送する方法もあります。

インターネットで集荷依頼もできますので、

荷物を箱に詰め、集荷依頼さえすればドライバーが

自宅まで来てくれます。

赤ちゃんやママの負担が少しでも軽く、

元気な姿で会いに来てくれることが実家ご両親の願いです。

ママも笑顔で可愛い赤ちゃんのお披露目ができますように。