40代主婦 eimei 日記 まとめ情報

40代主婦eimeiの今日感じた心♪日記帳

あなたは知っている?花まつりの由来って??

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサーリンク


あなたは知っている?花まつりの由来って??

 

 

春のお祭りの一つ、花まつり。

 

最近では耳にすることも少なくなってきましたが、本来、灌仏会

 

(かんぶつえ)というこのお祭りは、おしゃか様の誕生日を祝う

 

大事な行事です。

 

 

おしゃか様は、約2500年前の4月8日にインドのシャーキヤ族

 

の王子様として生まれ、何不自由なく育ちましたが、裕福なわが身

 

とはあまりに違う貧しい世の中を救うべく出家し、悟りをひらき、

 

仏教という教えを広めていきました。

 

仏教が日本に伝えられた時に「シャーキヤ」が「釈迦」(しゃか)

 

という漢字におきかえられ、「おしゃか様」となったと言われています。

 

 

日本でもっともなじみ深い仏教と、その教えをひらいたおしゃか様の

 

誕生日を祝う花まつりは、もっと身近なものであっても良いのではない

 

でしょうか。

 

日本古来の伝統行事である花まつりを、あらためて見直してみましょう。

 


スポンサーリンク

 

 

花まつりはお釈迦様の誕生日だった!何の花で祝うの?

 

688894_R

 

 

キリストの誕生日はクリスマス。おしゃか様の誕生日は花まつり。

 

といえばより分かりやすく、花まつりの大事さも実感できますね。

 

おしゃか様が生まれた4月8日は、まるでおしゃか様の誕生を祝うかの

 

ように、たくさんの花が咲いていたといわれるのが、花まつりと呼ばれる

 

由縁とされています。

 

では、花まつりでは、どのような花で祝われるのでしょうか。

 

 

花まつりの法要では、お寺の境内に作られた花御堂と呼ばれる花の囲い

 

の中におしゃか様の像が立てられ、参拝に来た人たちは甘露に見立てた

 

甘茶をおしゃか様の像にかけ祝います。

 

おしゃか様に甘茶を灌ぐ(そそぐ)ので灌仏会とも言われるわけですが、

 

その周りを囲むたくさんの花々は、おしゃか様が生まれたルンビニの花園

 

を表現しています。

 

桜、れんぎょう、木蓮などの花で飾られた花御堂ですが、特に決められた

 

花があるわけではなく、その地域の季節の花で色鮮やかに飾り、お祝いを

 

するのが良いですね。

 

ただ、仏花と言われる菊や、トゲのある花、匂いのきつい花は使っては

 

いけないとされているので、注意しておきましょう。

 

それ以外であれば、特にこだわらず、おしゃか様の誕生日をお祝いするに

 

ふさわしい色とりどりの花で飾りつけましょう。

 

 

 

 

花まつりの食べ物は何が必要?

 

740751_R

 

花まつりといえば、甘露に見立てた甘茶ですが、これはおしゃか様が

 

生まれた時に、天から竜が吐いた甘露を産湯にしたといわれているからです。

 

おしゃか様の像に甘茶をかけるのは、この誕生の逸話を再現し、祝うことから

 

きているのですね。

 

それにちなんで、花まつりでは甘茶をおしゃか様の像にかけたり、飲み物

 

としてふるまわれるのですが、花まつりに甘茶を飲むと病気や災害に会わない

 

とされ、大変ありがたい飲み物とされています。

 

お供え物としては草団子草餅が一般的です。

 

もっとも身近なものでは、よもぎ餅が多く、甘茶と一緒にいただくよもぎ餅

 

の独特の味わいは、花まつりならではのものですね。

 

ただ、甘茶もよもぎ餅も手作りは大変です。

 

小さい頃におばあちゃんが作ってくれた手作りのよもぎ餅は、それはとても

 

おいしかったものですが、やはり一から全て手作りは手間がかかっていた

 

ようで、そんなことは知らず、なかなか出来上がらないよもぎ餅が待ちきれず、

 

まだかまだかと一生懸命作っているそばで、じゃまばかりしていたのを覚えて

 

います。

 

甘茶は甘茶の葉を乾燥、発酵させ、煎じて作らなければならず、素人にはちょっと

 

無理そうですね。

 

年に一度の花まつりに、がんばって手作りしてみるのも良いかもしれませんが

 

最近では、インスタントの甘茶も、よもぎ餅も、スーパーなどで気軽に買える

 

ので、花まつりの日には、ぜひお家で味わってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

213128_R

 

花まつりの日にはお寺へ出向き、おしゃか様の誕生日を祝うのも、年に一度の

 

家族の行事として良いかもしれませんが、ご家庭で簡単に花を飾り、甘茶と

 

よもぎ餅で、気軽に祝っても十分だと思います。

 

花まつりという、日本の伝統行事を敬う気持ちは大切にしていきたいですね。

 


スポンサーリンク

 

生活

この記事に関連する記事一覧