こいのぼり歌詞の意味って??意外と知らない歌詞3番!

スポンサーリンク

スポンサーリンク






こいのぼり歌詞の意味って??意外と知らない歌詞3番!

もうすぐこどもの日ですね!こどもの日の歌といえば、

屋根より高いでお馴染みの『こいのぼり』

甍(いらか)の波と雲の波ではじまる『鯉のぼり』の

二つありますね。

どちらも有名ですが屋根より高い〜の『こいのぼり』

後に出てよく歌われるようになってからは

『鯉のぼり』のほうはあまり歌われなくなりました。

しかし、甍の波と雲の波〜の『鯉のぼり』は

日本を代表する童謡です。

文部省唱歌でもあるのです!

今回は甍の波と雲の波〜の『鯉のぼり』のほうの歌詞の

想いや意味について調べたのでご紹介します!

Sponsored Link

こいのぼり歌詞の意味って??意外と知らない歌詞3番!

00AB88A8-C727-4F15-BF3F-1DA35A47607B_R

『鯉のぼり』の作詞者は不明で作曲者は弘田龍太郎さんです。

◆鯉のぼりの歌詞(1番)

甍(いらか)の波と 雲の波

重なる波の 中空(なかぞら)を

橘(たちばな)かおる 朝風に

高く泳ぐや こいのぼり

言葉が難しくてよくわからないですよね。まずは言葉の

意味を解説していきます。

  • 甍とは屋根の瓦のことです

甍の波=瓦が重なるのを波にたとえています

  • 雲の波=雲が重なるのを波にたとえています

年中見られるひつじ雲だと思います

  • 橘はミカン科の柑橘系です

5月の風物詩なので季節をあらわしています

これを踏まえ私なりにわかりやすくすると、

『瓦の屋根が波のように重なり、雲も波のよう

重なる瓦の屋根の波と雲の波の間の空に

橘の香る朝の風でゆれて

高く泳いでいるこいのぼり』

◆(2番)

開ける広き 其の口に

舟をも呑(の)まん 様(さま)見えて

ゆたかに振るう 尾鰭(おひれ)には

物に動ぜぬ 姿あり

『大きく開いているその口は

ふねをも呑み込んでしまいそうに見え

ゆったり振る尾ひれは

物に動じたりしない姿』

◆(3番)

百瀬(ももせ)の滝を登りなば

忽(たちま)ち竜になりぬべき

わが身に似よや男子(おのこご)と

空に躍るや鯉のぼり

  • 百瀬の滝=たくさんの浅く流れの速い滝

『たくさんの浅く流れの速い滝を登りきれば

たちまち龍にかわり

私のようになりなさい 男の子たちよ

鯉のぼりが空を躍るようにはねている』

という感じでしょうか。

私なりに簡単にくずして口語訳してみました。

☆なんだかよくわからない…百瀬の滝の意味って??

30C491D0-E1FC-42A4-9999-DF4D15DB478C_R

3番の歌詞に出てくる『百瀬の滝』とは詳しくどういう意味

なのでしょうか?

昔、急流の滝を登りきった鯉は竜になるという伝説が

ありました。この滝は登竜門の滝となった滝のことではないかと

言われています。

決して、鯉が登りきれるような滝では

ありません。登竜門の滝は数段にもなった滝です。

なので百瀬の滝=数段にも重なった滝のことになります。

この滝を長い年月をかけ登りきると言うことは難しいことです

しかし初節句から大人になるまで人生長く、さまざまな困難を

乗り越えれるよう、大きな男になれるよう願われた意味が

込められているのではないでしょうか。

☆こいのぼりの歌詞は3番まであった!!

7BDA18B7-5AE0-4998-AFD4-D55E5577243D_R

うって変わってもうひとつの『こいのぼり』。

屋根より高い〜の『こいのぼり』って実は3番

まであったのご存知ですか?

私はちなみに知りませんでしたし、2番の歌詞すら覚えてるか

怪しいです・・・

◆『こいのぼり』の3番の歌詞

ごがつのかぜに こいのぼり

めだまをピカピカ ひからせて

おびれを くるくるおどらせて

あかるいそらを およいでる

こんな歌詞なんですね!本当に知りませんでした。

この、『こいのぼり』は作曲者は不明で作詞者は

近藤宮子さんです。

しかし近藤宮子さんは1番しか作詞していません。

2番3番は作曲者も作詞者も不明なんです!

誰かがあとから作り足したようです。

2番にはお母さんが歌詞に出てくるものがあるようで

その時代の流れで歌詞を足していったんでしょうね。

☆まとめ

いかがでしたでしょうか?

歌もですが節句は鎧やこいのぼりを飾りますよね。

歌も鎧もこいのぼりも男の子が強く立派で健やかな成長を

願って作られたものですね。

私も息子がいますが、こいのぼりを出すだけではなく一緒に

歌い健やかな成長を願いたいと思います。

最近ではこいのぼりも出している人も減ってきています。

もし皆さまも出す機会があれば、こいのぼりを飾り

歌をお子さんと一緒に歌ってくださいね!