これって染み抜きできる!?カレーってとれるの??

スポンサーリンク

スポンサーリンク






これって染み抜きできる!?カレーってとれるの??

 

 白い洋服のときに限って、カレーなどを食べて

服を汚してしまう経験ありませんか?

夫のYシャツの染み、子供の服についている染み、

家事を任されている主婦にとっては厄介なものですよね。

特にカレーの染みは落ちにくいシミで、

洗濯をしてもなかなか落ちないので困りものですよね。

なぜカレーのシミが落ちにくいのかというと、

水に溶ける汚れの「水溶性」のシミと水に溶けないが

油に溶ける「油溶性」のシミの混合だからなのです。

また、カレーのスパイスでもあるターメリック

落ちにくい原因を作っています。

時間がたてばたつほど落ちにくいシミ、

見つけたら早めの対処をした方がよさそうです。

では、カレーの染み抜きの方法をご紹介します。

Sponsored Link

カレーの染み抜きの方法

761f312e0633852694e1057793d70e2a_t_R

カレーの染みの部分を軽くぬらし、台所用の食器洗い用の

中性洗剤をシミの部分に付けます。

染みの部分を揉みほぐしましょう。

洗剤を歯ブラシにつけて、下に当て布をしてトントンと

上から軽くたたくようにしてもいいですよ。

染みの部分を軽く水で洗い流します。

これでシミが落ちていればそのまま洗濯してもいいのですが、

厄介なカレーの染みはなかなか落ちないので、

塩素系の漂白剤でつけこみするといいですよ。

その後はいつものように洗濯をするだけです。

天日干しをすると、シミがきれいになるので、

天気のいい日に外で乾かしましょう。

素材にあった染み抜きを!インクの場合はこれを使う!

 

 00b3c6845590c4dd60674b00d6c57eea_t_R

 

食べ物のシミ抜きも大変ですが、ペンなどの

インクの汚れが袖などについていてなかなか落ちなくて

困っている主婦の方いませんか?

インクの汚れも洗濯では、なかなか落ちてくれません。

インク汚れにも種類があるので、その種類に合った方法で

落とさないと落ちてくれないのです。

インクにも水性インク、油性インク、

万年筆と種類がありますよね。

どのインク汚れなのかをまず突き止めましょう。

  • 水性インクの場合

水性インクは、案外洗濯で落ちる場合もありますが、

落ちないシミなら、台所用の食器洗いの中性洗剤

使って落としましょう。

インク汚れの布の下に当て布をして、

洗剤を付けて歯ブラシなどで軽くたたくようにして、

当て布の方へと汚れを移していけばいいのです。

あとはいつもどおりに洗濯をするだけです。

  • 油性インクの場合

油性インクはなかなか落ちないシミで、

困りもののシミですよね。

油性インクの場合は、クレンジングオイル

使うといいですよ。

水性インクと同じ方法で、当て布を下にひき、

クレンジングオイルをつけて歯ブラシで

たたくように汚れを移していくといいですよ。

後は洗濯するだけです。

  • 万年筆の場合

万年筆のインク汚れもなかなか手ごわい汚れです。

落ちないともうあきらめている主婦の方が

多いのではないでしょうか。

あきらめずに一度試してみてください。

汚れ部分に台所用の食器洗いの中性洗剤を付けて、

重曹を溶かしたぬるま湯につけこみます。

少し時間がたってから、

重曹をインク部分にこすりつけます。

その後はいつものように洗濯してください。

インク汚れは種類別で洗剤が違うので、

合った方法で染み抜きをしてくださいね。

ボールペンの染み抜きのやり方!!

398c0ddbb986b5cb849422e7731a3024_t_R

インク汚れも大変ですが、ボールペンのシミ

なかなか落ちてくれませんよね。

特に子供の服のそでの部分、夫のポケットの

下の方についている染み・・・

もうこのシミは落ちないと放置していますけどね。

でもこのシミも落ちる方法があるのです。

まずは、台所用の食器洗いの中性洗剤と消毒用の

エタノールを同じ量で混ぜ合わせます。

シミの部分を裏返しにして、当て布を下にひきます。

先ほどの洗剤を付けて上からたたくようにして、

汚れを当て布へと移します。

水洗いをしてから洗濯するといいですよ。

除光液でも代用できますので、

ぜひ試してみてください。

 まとめ

0-10

いかがでしたか。

せっかくの白い洋服がシミで汚れていたら、

残念ですからね。

カレーの染み、インクの染み、ボールペンの

染みそれぞれ洗剤が違ってくるので、

合った方法で落としましょうね。

完全には落ちないかもしれないですが、

目立たない程度になればちょっと安心しますからね。

なかなか落ちにくい場合は、

クリーニングに出して、専門店に任せましょう。