40代主婦 eimei 日記 まとめ情報

40代主婦eimeiの今日感じた心♪日記帳

ぬいぐるみの洗濯方法って??自宅で洗うコツ!!

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサーリンク


ぬいぐるみの洗濯方法って??自宅で洗うコツ!!

 

暖かくなってきましたら、普段洗わないものも

洗濯したくなりますよね。

 

ぬいぐるみも普段はなかなか洗わないものなので、

置き場所によっては、ほこりや油が染み込んでいて

想像以上に汚れています。

 

お子さんの触れるものですので、

正しい洗い方・干し方を知っておきましょう。

 

どのような洗濯をする際でも、一番に先に

確認していただきたいのは洗濯表示です。

 

繊細な素材が使われているもの、洗濯機に入れると

取れる恐れのある装飾があるものや、

一般的な柔らかいぬいぐるみでないものは、

押し洗い・水洗いなどができないので

クリーニング店で相談してみてくださいね。

 

①   ぬいぐるみ洗濯に重曹もおすすめ!!

 

①_R

 

まず、基本的な洗い方ですが、ぬいぐるみの大きさに

あった洗面器や浴槽などにおしゃれ着用洗剤を

常温の水で溶かします。

 

この中で、ぬいぐるみを優しく

手洗いしてあげてください。

 

汚れのひどい箇所は、おしゃれ着用洗剤を

直接塗布して、その部分を優しく

揉み洗いしてください。

 

頻繁に洗うものではないので、生地から

色が出てくるものもあります。

 

つけ置きにせず、様子を見ながら

洗ってあげてください。

 

小さなお子様のお気に入りのぬいぐるみだと、

合成洗剤で洗うのをためらう方もいらっしゃいますね。

 

そんな場合は重曹洗剤がお勧めです。

 

掃除や洗濯でも使えますし、入浴剤などの材料や

料理のあく抜きや膨らし粉としても使われているもので、

赤ちゃんや子どもの手や口に触れるぬいぐるみの洗濯には

とても適していますよ。重曹洗濯の作り方もとても簡単です。

 

●洗剤と混ぜて使う方法

合成洗剤ではない洗濯用液体せっけんと重曹を

溶かして、押し洗いをします。

 

合成洗剤ではないものとは、天然油脂と

アルカリで作られていて、品名に洗濯用石けんと

表示のあるものです。

 

●洗剤は使わない方法

重曹大さじ2杯、過炭酸ナトリウム大さじ1杯、

クエン酸小さじ1杯を30~50℃のお湯で溶かして

混ぜて押し洗いをします。

 

重曹は油汚れに効果があります。

 

そこへ、酵素系の漂白・除菌効果のある

過炭酸ナトリウムを足せば、更に白く仕上がります。

 

注意していただきたい事は、重曹は水に溶けにくいため、

30~40℃くらいのお湯をご使用ください。

 

溶けていない状態で、洗濯槽などに入れると

つまりの原因になるからです。

 

色落ちの恐れもある為、ぬいぐるみを洗濯する際は、

まず目立たない部分から濡れたタオルなどを

当ててみて色落ちの有無の確認をお勧めします。

 

②   ぬいぐるみの洗濯を失敗する原因!!

 

②_R

 

正しく洗剤を使い優しく押し洗いした後は、

きちんと水分を取ってあげましょう。

 

失敗する原因の大きな原因が雑に扱う事ですね。

 

ぬいぐるみを扱うのは、丁寧に優しくが基本です。

 

洗い終わった後は、タオルなどで優しく水分を

ふき取ってあげてから、ネットに入れて

3分程脱水にかけます。

 

一気に3分回さないで、1分を3回に分けて様子を

見て形を整えてあげてください。

 

こうする事で、中身の片寄りを防げます。

 

脱水の目的は水分だけでなく汚れも一緒に飛ばす

効果があります。

 

脱水をしないで干すと型崩れや黄ばみなどが

出てくる事もあります。

 

直射日光の当たらないように干すことも大切です。

 

ドライヤーで直接風を当てて乾かしてあげるのも良いですよ。

 

③   まとめ 洗えないぬいぐるみもあるので注意が必要です!

 

③_R

 

ぬいぐるみの洗い方をご紹介してきましたが、

どうしても洗えないものはありますので、

洗ってしまう前に確認しておきましょう。

 

●表示がシルクや革製品で、手洗いはできないもの

●機械などが入っている

●色落ちしそうな色柄物が使われている

●洗濯機などに入れると型崩れしそうな素材が入っている

●装飾品が沢山ついてあるもの

 

これらのものは、家では洗えないものですので、

クリーニング店へ相談してくださいね。

 

せっかく作った洗剤につけっぱなしや、力を入れ過ぎて

洗ったりするのも失敗の原因になりますので、

工程毎に様子を見ながら洗濯してあげてください。

 

愛情を持って取り扱い、洗いあがったぬいぐるみを

見るとお子様だけでなく自分にとっても、

心もきっと晴れ晴れとした気持ちになれますよ。


スポンサーリンク

 

タグ :  

生活

この記事に関連する記事一覧