ジャガイモの芽の毒は加熱すれば大丈夫なの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク






家庭の料理で安くて手軽な材料として人気のじゃがいも!

安売りの目玉になっていて、ついつい買いすぎちゃいますよね。

そのまま忘れてニョキニョキと芽が出ているのを見つけて

大慌てして使うことありませんか?

小学校の家庭科で習ったかもしれませんが、じゃがいも

の芽には毒があります。

よくおばあちゃんが「痛んだものは火にかければ大丈夫よ。」と

言って過熱して食べてしまう事ありますよね?

じゃがいもの芽の毒は過熱したら食べられるように

なるのか気になったので調べてみました。

農水産省のホームページに書いてあったことは

じゃがいもの毒の成分は170℃以上で分解を始めますが、

加熱によっては毒の量が確実に減ることは

期待できないそうです。

もったいないかもしれませんが、

せっかく作った料理で自分や家族が

体調崩したら元も子もありません。

思い切って芽は取ってしまいましょう。

Sponsored Link

[normal_box color=”green” border=”b3″]じゃがいもの芽にはどんな毒があるのか[/normal_box]

9V9A5978_TP_V4

さて、じゃがいもの芽にはどんな毒があるのでしょうか?

じゃがいもの芽や緑色になった部分に多く含まれる毒は

ソラニン、チャコニン

という毒が多く含まれています。

意外と知られていないのですが家庭菜園でのじゃがいも

注意した方がいいそうです。

じゅうぶんに育っていないじゃがいもは

ソラニンやチャコニンが多く含まれている可能性があります。

実際、学校で栽培・収穫したじゃがいもを

調理して食べたところ、吐き気や腹痛を訴える症状が出た

事例があります。

学校で栽培・収穫したもの、そして、家庭栽培で収穫したものを

調理するときの注意点を2つ紹介します。

[imglist icon=”check1″ color=”red”]

  • 芽とその周辺はもったいないと思わずに思い切ってむく。
  • 皮はできるだけ厚くむく。

[/imglist]

これだけで毒を摂取する可能性がぐんと低くなるそうです。

頑張って育てた野菜は安心して食べたいですよね。

じゅうぶんに大きく育てて注意点を守って楽しみましょう。

[normal_box color=”green” border=”b3″]これってもしかして?じゃがいもの毒の症状とは[/normal_box]

PAK85_lalaonakaitaidesu20140321_TP_V4

ソラニン・チャコニンなんてまるでゆるキャラのような

名前ですが、これらを摂取して現れる症状は

吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、めまい

などが出ることがあります。重症になると

眠気、無気力、錯乱、衰弱などの神経症状や視覚障害

がみられ、場合によっては死に至ることもあるそうです。

このような症状は、食べた数分後から出始めます。

遅い場合は数日後に出ることもあります。

じゃがいもを食べたあとにこの症状が出たときは、急いで

医師の診察を受けましょう。

小学生の中毒発症量は16.5mg(グリコアルカロイドの総量、

体重1kg当たり0.42mg)と推定されると報告されています。

意外と少ない量で中毒症状が出るものなんですね。

意外と知らないで食べていたじゃがいもですが、

気をつけた方が良い事がわかりました。

数年前、緑色になったじゃがいもを

もったいないからと茹でて食べたことがありましたが、

その時に感じた違和感は、この毒なんだと思いました。

食べると苦いし、しばらく口の中がじゃがいもの苦い味が

離れなかったです。

今考えると危ないことをしていたと反省しています。

私や家族が病院に行くことがなくて良かったです。

[normal_box color=”green” border=”b3″]ジャガイモの芽の毒は加熱すれば大丈夫なの?のまとめ[/normal_box]

OHT85_jagaimosora_TP_V4

①じゃがいもの芽の毒は過熱しても分解されにくい。

②じゃがいもの芽だけじゃない。緑色になった皮にも

ソラニン・チャコニンという毒がある。

③摂取した毒の症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、

めまいなどが出ることがあり、場合によっては眠気、無気力、

錯乱、衰弱などの神経症状や視覚障害がみられ、場合によっては

死に至ることもある。

安くて手軽で美味しくて栄養豊富なじゃがいも。毒はこわい

ですが、知っていれば注意する事ができます。安売りで

良いじゃがいもが手に入ったらすぐに調理して美味しく

食べちゃいましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする