40代主婦 eimei 日記 まとめ情報

40代主婦eimeiの今日感じた心♪日記帳

大切なセレモニーの祭壇の花!種類とマナーって?

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサーリンク


大切なセレモニーの祭壇の花!種類とマナーって?

 

私が覚えているお葬式は父方と母方の祖母のお葬式です。

 

父方はセレモニーホールで、母方は家族葬だったので

花壇はありませんでした。
父方の方の花壇はユリだったと思います。
そこで今日はお葬式の祭壇の花の種類

マナーについて書こうと思います。

 


スポンサーリンク

 

 

① 花壇の作り方は?オリジナルな作品に!

 

葬式2_R

 

 

スタイル祭壇の花祭壇で使用する種類はいくつかあるのですが、

一部を紹介したいとおもいます。
1、 白いカーネーション
原産地 南ヨーロッパ 西アジア
花言葉純粋な愛(白)、母の愛(赤)
由来 属名のダイアンサスは「神の花」の意味です。

 

ギリシャ神話でカーネーションの冠でアポロンの神殿に

飾っていたといわれています。

 

アメリカウェストヴァージ二ア州のアンナ・シャ―ビスという女性が

自分の母の命日に白いカーネーションを教会で

配ったことが母の日の始まりといわれています。
2、 ユーストマ(トルコキキョウ)

 

原産地 北アメリカ
花言葉 明るい希望
由来 ユーストマはその形状からギリシャ語のeu(よい)と

stoma(口)にちなんでいます。

 

和名のトルコキキョウは花がキキキョウに

似ていることからつけられています。
3、 デルフィニウム(オオヒエンソウ)
原産地 ヨーロッパ等
花言葉 壮大な心
由来 平和の象徴であるイルカの

ギリシャ語(delphis)に由来しています。

 

花や蕾の形状が似ていることによります。

 

和名のオオヒエンソウも花の形状がツバメの飛ぶ姿に

見えることに由来しています。
4、 スプレーマム、ピンポンマム(キク)
原産地 中国 アジア東部
花言葉 真実(白)
由来 キクは1500年前に中国より、眼精疲労などに

効果のある薬草として伝わりました。

 

鎌倉時代の後鳥羽上皇が好んで衣類等にキクの文様使用し、

その後の天皇も用いた為、自然おキクが天皇家のシンプルと

されるようにしました。

 

小枝の先に複数の花をつけるスプレーマムや

先端がボールのような形状のピンポンマムが主流です。
5、オンシジュ―ム(ムレスズメラン)
原産国 熱帯アメリカ等
花ことば 神秘的な愛
由来 ギリシャ語のogkos(こぶ)から由来し、

唇形の基部こぶ状の隆起をもつ事にちなんでいます。

 

長い茎にかわいい小花おつけるので

郡雀蘭(ムラスズメラン)の和名があります。

 

黄色が基本ですが赤・ピンク・白等もあります。
5、 カスミソウ
属名のGypspphila(ギプソフィラ)は

ギリシャ語のcypsos(石灰、石膏)とphilos(愛する)に

由来しており一部の種が石灰質の岩石に生えることによります。

 

和名は花のイメージからつけられています。
6、 ユリ(オリエンタルシベリ)
原産国 北半球の熱帯・亜熱帯
花言葉 純粋さ
由来 百合(ゆり)の和名は風で花が揺れる様子「揺すり」から

由来しているともいわれています。

 

17世紀のローマ教皇が聖母マリアの処女性を

象徴する花として白ユリを描くよう布告をだしたため

マドンナリリーと呼ばれるようになりました。
7、 シンビジウム
原産国 東アジア
花言葉 熱愛
由来  Cymbidium(シンビジウム)は

ギリシャ語のkymbe(船)とeidos(形)に由来し唇形が

船に強い種で品種改良が盛んに行われ、

現在は約300種の園芸種があるとされています。
8、 スターチス(チ―ス/リモニウム)
原産国 ヨーロッパ
花言葉途絶えない記憶
由来 属名のリモニウムはギリシャ語のlemon(海兵)に由来し、

いくつかの種が潮の沼地」や海岸に自生することもあります。

 

乾燥させても色や形が変わらなので

ドライフラワーとしてもよく利用されます。

 

いつまでも変わらない姿が花言葉の由来になっています。

 

これらの花が主に使われている花です。

 

② 芸術的な花祭壇!波型デザインも!

 

葬式3_R

 

 

例えば・・・
1、 壮大でスペイシ―
大きな会場に映える壮大なデザイン。白~緑のグラデーションが見事です。
2、 白×パープルな祭壇
斬新なデザインで魅せます。
3、 壮大なデザインとグラデーションで魅せる
シンプルなデザインながら素晴らしいグラデ―ションの表現手法により、

立体感も感じられます。
4、 壮大、でもかわいらしいデザインの祭壇
壮大なデザインにあって中央部にある淡いピンクの花が

全体の雰囲気を和らげています。

 

かわいらしくも威厳のあるデザイン祭壇です。
などがあります。
一番大事なのは故人の遺志を尊重することですね。

 

③ まとめ

 

1お葬式_R

 

 

先ほども書きましたが一番大事なのは故人の遺志を

尊重することですね。
母は祖母の家族葬のときの段取りがなかなかきまらなかったようなので

もう母は自分が死んでしまった時のことを考えて終活を考えているようです。
今のところ心臓以外は特になにも異常は

ないようなのですがいつ亡くなるかわからないですからね。

 

でも希望を伝えておくだけでも段取りはスムーズにいくので残された

家族等は、送り出しやすいのではないのでしょうか。


スポンサーリンク

 

タグ :  

生活

この記事に関連する記事一覧