40代主婦 eimei 日記 まとめ情報

40代主婦eimeiの今日感じた心♪日記帳

独身男性vs既婚男性!両者の違いとはいったい何なのか?

読了までの目安時間:約 15分

 


スポンサーリンク


独身男性vs既婚男性!両者の違いとはいったい何なのか?

 

 

同じ職場にいる既婚者のA氏とご自身を比べた経験、

独身男性なら一度はあるのではないでしょうか?

 

同じ男なのに違う気がする、

自分より相手の方が幸せそう・・・・

 

そう思った経験がおありなら、相手とご自身とでは、

いったい何が、なぜ違うのか?

 

独身でいるより、結婚した方が幸せなのか?

 

ここでは婿入り前の男性が特に気になる、

既婚者と独身者の違いと、どちらがより幸福なのか、

さらには独身男性がより幸福を高めるためのポイント

お伝えしてまいります。


スポンサーリンク

 

まずは最初の「既婚者と独身者の違い」と

その理由をまとめました。

 

【違い①】既婚者は独身者より相手に

安心感を与えやすい特に独身の女性は相手の男性が

既婚であれば下心を持たれないと感じる場合が多いもの。

 

さらに家族を養う立場が既婚男性に自信や余裕を与え、

それらが言動に反映されて相手に安心感を与えます。

 

【違い②】既婚者は独身者より落ち着いている、

もしくは心身ともに安定している場合が多い

結婚している男性はたいてい経済的に自立しているため、

また上でもお伝えしたように、自信や余裕がありますから、

独身男性より心身ともに落ち着いている方が多く見られます。

 

【違い③】既婚者は独身者より面倒見が良い

 

既婚男性は独身者より接する人が多くなりがちです。

職場の同僚や友人だけでなく、奥さんや子供、親せきに

我が子の担任の先生、同級生のパパやママたち等々。

 

日々、色々な立場の人たちの相手をしているうちに、

自然と面倒見の良さが身に付くというわけです。

 

【違い④】既婚者は独身者より仕事熱心

 

既婚男性は養う相手、守るべき相手がいますから、

食い扶持を稼ぐために往々にして

独身者よりも仕事熱心です。

 

「毎月お金を稼ぐ必要にせまられているので真剣」

とも言えます。

 

【違い⑤】独身者の方が既婚者より元気いっぱい!

 

結婚すると、独身時代より背負う責任も家族も

増えますから、公私を問わず疲れがたまる要因も

増えるもの。

 

そのため既婚男性よりも独身男性の方が

元気な場合が多々見られます。

 

【違い⑥】既婚者は自分を含めて、

全てを誰かと共有しなければならない

最後になりましたが、独身男性と既婚男性の

一番の違いを挙げるなら、これです。

 

独身者は自分の時間もお金も好きなように使えますし、

嫌な事柄は出来る限り避けて通れます。

 

一方、既婚者は奥様や子供のために、時に体をはり、

給料を差し出し、時間を提供し、気の進まない事柄でも

行わねばならない場合が多々あります。

 

「結婚すれば心身も財産も本人だけのものではなくなる」

独身者と既婚者の大きな差はやはりこの点でしょう。

 

さてこのように違い、もしくは特定の性質に

「差」が生じがちな既婚者と一人身の方々。

 

それではいったい、どちらの立場が幸せと言えるのか?

次からお伝えしてまいります。

 

永遠のテーマ?独身と既婚ではどっちが幸せか

 

まとめ

 

この世に男性と女性がいる限り、自由恋愛の時代が

続いていく限り、延々と続けられるであろう素朴な疑問。

 

それが「独身と既婚、どっちがより幸せ?」です。

 

その疑問にお答えするため、まずは独身者と既婚者の

実態をお伝えします。

 

≪評判の悪い「結婚」、その実態は?≫

 

ちょっと調べれば独身貴族の方々の楽しそうなコメントや、

既婚者の方々の嘆きがいくらでも見つかる現代ですから、

結婚をさけたいと考える方が多く現れても

不思議ではありませんが、

「その嘆きを教訓に、一人身を貫いてください」と

おススメはできません。

 

なぜなら様々な団体が両者の幸福度を

調査した結果・・・・

 

例えば「2016年ソロ男プロジェクト」の結果を

申し上げますと、幸福度の高さは、

 

【 独身男性 < 既婚男性】

 

なんです。

さらにその他の調査でも、既婚者は

概して幸福度が高い、と結果がでました。

 

つまり奥様のグチばかり言っている同僚も、

ケンカの絶えないご近所の夫婦も、

独り者の目には不幸そうに見えても、

実は本人たちはそれほど不幸を感じていない可能性が

あるんです。

 

そのため統計の結果を重視するならば、

独身と既婚では、既婚者の方がより幸せと言えます。

 

もっとも「調査中に嘘をついた回答者がいるのでは?」とか、

「回答者にかたよりがあったのでは?」とか、

疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

ただここでは統計の結果を脇に置いても、

「一人身より既婚の方が幸せ」とお伝えいたします。

 

理由は以下の2つです。

 

(1)行動範囲が広く、視野も広がりやすい

 

独身時代に比べて自由な時間は少なくなりますが、

実は行動範囲が広がります。

お一人様ではちゅうちょしてしまう場所でも、

家族を連れて行けばすんなり入れますし、

周囲の視線も気になりません。

 

家族にねだられてシブシブ訪れた場所が思いのほか楽しく、

「新しい趣味が開拓できた!」なんて場合も。

 

独身者であれば自分の望まない場所にはあまり足を

運びませんから、既婚者に比べて視野が狭くなりがちです。

 

(2)有益な素質やスキルを獲得できるチャンス

 

先の両者の違いで、既婚者は独身者に比べて自信や

落ち着きがあり、面倒見も良い、つまり人のあしらいが

上手い方が多いとお伝えしましたね。

 

自信も面倒見の良さも、家族を背負う、大勢の人間と嫌でも

関わらなければならないなど、時に苦労を強いられる経験を

通して得られるものでありますが、これらはどんな時でも

役に立つスキル、あるいは有益な素質でもありますよね。

 

さらに(1)でもお伝えしたように、行動範囲や視野も

広がりやすい点からも、結婚とはつまり自分を飛躍させる

一大プロジェクトと言える一面があるため、

「一人身より既婚の方が幸せになにやすい」と結論できます。

 

・・・・と、ここまで読んでも既婚か独身か、

どちらが幸福か、まだはっきりしない方。

 

結婚とはあちこちに自分を高める機会が

転がっているものであると同時に、奥様や子供など自分を

幸福にしてくれる存在を身近に確保できるものでもあります。

 

この点からも、ご自身次第で独身時代より大きな

幸福に恵まれ、結果として幸福度は「独身<既婚」に

いたりやすいと言えるのではないでしょうか。

 

50代女性の休日の過ごし方との比較

 

50代女性の休日の過ごし方との比較

 

突然ですが、独身の50代女性がどのような休日を

過ごしているか、ご存知でしょうか。

 

二十代、三十代の方にとっては母親と同年代で

あろう50代女性。

 

若い方はピンとこない場合が多いのではないでしょうか。

 

そんな見過ごされがちな彼女たちの過ごし方ですが、

実は誰にとっても参考になる点が多いんですよ。

 

「自分より年を重ねた独身女性って、

休日は何をしているんだろう。自分とは何が違うんだろう」と

不安になっていた方、さらに先の内容を読み

「独身のおれなんてどうせ・・・・」なんて

考えにいたってしまった方。

 

人生の先輩である50代の女性の休日をご紹介

いたしますので、まずはご自身の過ごし方と

比較してみてくださいね。

 

≪50代女性の休日の過ごし方の例≫

 

・新たに没頭できるものを見つけて入れ込む、

もしくは以前から没頭していたものに、さらに深く入れ込む

 

・親しい人と過ごす

 

・お部屋をみがきあげる

 

・ガーデニングを楽しむ

 

・趣味を生かした副業に励む

 

・ペットと過ごす

 

・電車や自転車などで遠出

 

他に映画館や図書館、スポーツジムなどに

通い教養を深める、次の仕事日のために体力を回復する、

などが挙げられます。

 

要するに時にのんびり、時に楽しく、

一言で言い表すならばマイペースに

過ごしているわけなんですね。

 

ご自身の過ごし方と比べて、のんびりしているなぁ、

楽しんでいるなぁと感じられましたか?

 

あるいは結婚とか老後とか、若い頃より気になりそうに

思える人たちなのに余裕を感じる、と意外に

思われましたか?

 

そうなんです、彼女たちの多くが案外どっしり構えて、

「自分のためになる有意義な休日」を過ごしているんですよ。

 

特に若い独身男性はいつも何かに追われているように

感じて余裕がなくなりがちだったり、

「既婚者のあいつと比べて、おれなんか」と落ち込んでみたり、

休日でも予定を詰め込んだりと、

何かとご自身を追い込むきらいがあります。

 

でも50代の女性のように時にのんびり、

時に楽しく、何ものにもとらわれずマイペースに過ごしながら、

ご自身がこれからどうするかをじっくり考えてみるのも、

今以上に幸福になるための有効な手なのではないかと、

考える次第でございます。

 

まとめ

 

永遠のテーマ?独身と既婚ではどっちが幸せか
いかがでしたか。

ここまで長くお伝えしてまいりましたが、まとめるならば、

既婚男性との違いとは、結局のところ、あくまで傾向であり、

独身でいるより結婚した方が幸せになれるかいなかは

本人次第、というわけです。

 

独身であれ落ち着いた方はたくさんいらっしゃいますし、

既婚者であれ余裕のない方もやはりたくさん

いらっしゃいますよね。

 

同様に、独身であれ楽しく幸福に生きている方もいれば、

結婚して不幸になった方もまた、

残念ながらいらっしゃる世の中です。

 

どちらの身分が幸福になれるのか、

答えが知りたかった方。

 

この記事では結婚をオススメするつもりも、

独身を推奨するつもりもありません。

 

先に申し上げた通り、既婚未婚の幸福度の高さは

本人次第だからです。

 

ですから幸福度を「独身者<既婚者」と

ご紹介しましたが、既婚者よりも独身者の皆さんの方が

不幸、あるいは皆さんの方が価値が低い、

というわけでは全くありません。

 

ただ「独身の方にはご自身のためにできるコト

まだまだ山ほどあり、人により、そのうちの一つが結婚」

なのではないでしょうか。

 

今度の休日は人生の先輩たちのように

マイペースかつゆったりと過ごしつつ、

ご自身がこれからどうするのか、またどうしたいのか、

「独身でいたいのか」「結婚した方が自分のためになるのか」、

じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

 

皆さんがご自身にとって最適、最善の道を歩まれるよう、

影ながら応援しております。

 


スポンサーリンク

 

タグ :  

生活

この記事に関連する記事一覧