40代主婦 eimei 日記 まとめ情報

40代主婦eimeiの今日感じた心♪日記帳

沖縄さとうきび畑の収穫時期は冬から春にかけてがベストだ!

読了までの目安時間:約 14分

 


スポンサーリンク


沖縄さとうきび畑の収穫時期は冬から春にかけてがベストだ!

 

「さとうきびを収穫してみたい!」とお思いなら、

12月~4月をおススメします。

 

さとうきびと言えば沖縄県の農家さんの約7割が

作っているイネ科の植物で、2015年、

沖縄では実に70万t以上が収穫されました。

 

これほどの量が沖縄各地から収穫され、

しかも畑に植えられる時期もまちまちなさとうきびですが、

収穫はどこの農家さんもほぼ同じ、12月~4月にかけてなんです。

 

さとうきびを植えるタイミングは春に植える「春植え」

夏に植える「夏植え」、収穫後の株に発芽させ育てる

「株出し」の3種類がありますから、収穫も植えた時期に

左右されるのでは、と思われがちですが、実はとある事情が。

 

さとうきびは刈り取った後、できるだけ早く

加工する必要があります。

 

お魚やお肉と同じく、とても傷みやすいのですね。

 

沖縄の多くの農家さんは収穫物をお砂糖に

加工してもらうため、工場へ持ち込みます。

 

ですが製糖工場は冬から春にかけて以外は

ほとんど動いていません。

 

そのため大量生産され、植えつけの時期だって

異なっていながらも、収穫時期は工場の稼働時間に合わせて、

ほぼ一緒というわけです。

 

したがって

「さとうきびの収穫体験をするなら、いつがベスト?」と

問われたならば、答えは「冬から春にかけて」となるわけです。

 

今度のお休みに、お砂糖の元になる、

甘~いさとうきびを間近で見たい、

収穫してみたいとお思いの皆さん、一年を通して暖かく、

独自の文化、独自の価値観を持つ沖縄での

収穫体験はとってもおススメです。

 

「ちょっとだけ収穫体験してみたいな」ではなく、

「ぜひ沖縄で収穫体験したい」と思っていただけるために。

 

これからおススメのさとうきび畑はもちろん、

取れたてを食べられる体験プログラムや美味しい食べ方なども、

たっぷりご紹介いたします。


 

タグ :  

旅行